お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ

お知らせ

2017.12.12
川口市の紹介

こんにちは、住職です。

「埼玉佛教」という機関紙の記事に

11月にお手伝いした第39回埼玉県佛教徒大会の開催地紹介で

川口市がどんな市なのかがわかりやすく掲載されていたので転載させていただきます。

住んでいながら川口市ってどういう市なのか改めて考えることが少なかったので良い勉強になりました。

 

曹洞宗,宝泉寺,埼玉県,川口市,鳩ヶ谷,草加市,墓地,東川口,安行,新郷,寺,法事,法要

 

 

 

 

 

 

 

 

《川口市の紹介》

埼玉県の南端に位置し、荒川を隔てて東京都に隣接する川口市。

街の玄関でもあるJR川口駅は、ペデストリアン(歩行者)デッキが整備されて東西がつながり、

華やかな街に大変貌しました。

 

東京に隣接する地の利もあって毎年人口増加は続き、

また平成23年10月に鳩ケ谷市と合併したことで、現在川口市の人口は58万3千人余。

県内ではさいたま市に次ぐ、第2位の都市となっています。

 

川口市には、中央に芝川、東に綾瀬川、南に荒川が流れ、

台地と低地からなる複雑な地形を造っています。

市域北側の台地では、古くから植木や花きなどの園芸栽培が行われ、

市域の70%を占める南西部の低地は鋳物や織物、釣竿、味噌などの醸造業が根付きました。

それらはものづくりの街の基礎となり、街の発展を支えてきました。

 

その鋳物は、江戸時代に栄えた日光御成道周辺に端を発し、

全国有数の工業都市として成長を続け、鋳物の街・川口を不動のものにしていきました。

一方、近年は急速にベッドタウン化が進み、かつて林立していた工業群は他地域へ移転。

跡地には高層マンションやショッピングセンターなどが建ち、

伝統産業と新しい文化が交差する街へと姿を変えています。

 

川口市には今、映像産業と呼ばれる新産業の芽が育っています。

NHKラジオ放送所の跡地にできたSKIPシティがその拠点。

国際Dシネマ映画祭を開くなど、デジタルシネマを制作する企業やクリエイターなどの育成にも

取り組んでいます。SKIPシティには、スペースシャトルで地球に戻った宇宙バラが植樹され、

子どもも楽しめる科学館では、高性能な3つの天文台ドームやプラネタリウムなどが、

宇宙への関心を高めてくれます。

 

その2へ続く。

 


2017.12.04
師走

こんにちは、住職です。
 
「師走」の語源を調べていただくとわかるのですが、
諸説あるなか1つの説には
「師」はお坊さんのことで、お坊さんが走るほど忙しい月という意味の語源もあります。
 
 少年サッカー,川口市,赤井,鳩ヶ谷,草加市,,東川口,安行,新郷,
 
そんな月初めの時期に次男が所属しているサッカーチームの北足立地区南部新人戦があり、
副審判としてお手伝いしてきました。
 
試合があるのは土日がほとんどで、法事があることが多いので
限られたときしか協力できないのですが、
子どもたちの息づかいや迫力を間近で感じたり、
一瞬の判断でジャッジしなくてはいけないという緊張感のある体験をさせてもらっています。
 
勝敗に関わるので毎回自分も緊張して臨み、
ファールやどっちに当たってボール出たか、
得点にかかわるオフサイドなどを見逃さないように走ってます。
そんな緊張感のある公式戦、特に新人戦は負けたら終わりなので、
冷たい風が吹く中、緊張しながらグランドに入っていく
子どもたちを見ると少しでも緊張をといてあげる言葉をかけてあげたくなります。
 
結果としては2戦とも勝つことができましたが、
勝っても負けても子どもたちは
毎回それぞれの子がその子なりに成長しているなと思います。
スポーツを通して成長していく子どもたちを見守れることができるという
凄く良い経験をさせてもらっているなと思います。
 
 
 
 
 
曹洞宗,宝泉寺,埼玉県,川口市,鳩ヶ谷,草加市,墓地,東川口,安行,新郷,寺,法事,法要,鳩ケ谷商店街,托鉢,歳末
 
 
同じ日に川口市の鳩ケ谷商店街には自分が所属していた曹洞宗埼玉県青年会の
托鉢の格好をしたお坊さん達が募金をつのる姿が見えます。
 
去年まで毎年参加していたのですが、今年は間に合わなかったので募金をしに行ってきました。
こちらは走ってはいませんが、普段街中で見られない格好で数十人がお経を唱えながら列になって歩くので、
ちょっと怖い感じもするのか、中々近寄りがたかったり、
初めて見た人は何をやっているのかわからなかったりして募金するのをためらうかもしれませんが、
 
 
ここでお預かりした募金は川口市社会福祉協議会に納めて役立ててもらっています。
 
 
 
12月15日(金)午後4時頃には川口仏教会が各宗派(曹洞宗・真言宗・日蓮宗・浄土宗・浄土真宗 等)の法衣で
JR川口駅デッキ上と川口郵便局前にて
歳末助け合い募金・托鉢を行いますのでもし見かけましたら募金をお願い致します。
 
 
 
12月になると行きかう人や車がせわしなくなってきますが、
毎年、そんな時期こそ人を思いやる心を持ちたいと改めて思います。
 

2017.11.27
椅子

 

こんにちは、住職です。

 


曹洞宗,宝泉寺,埼玉県,川口市,鳩ヶ谷,草加市,墓地,東川口,安行,新郷,寺,法事,法要,墓地,お墓,霊園,お寺

 

 

 
 
 
当寺の本堂には椅子のご用意があります。
 
少しずつ買い足していったので何種類かあるのですが、
最初の頃に用意した数脚の椅子はお檀家さんの寄付で購入したものです。

その椅子を寄贈していただいた方が今年お亡くなりになり、
 49日の法要の前にそのお孫さんが気がつきました。
 
 「おばあちゃんの名前だ」

曹洞宗,宝泉寺,埼玉県,川口市,鳩ヶ谷,草加市,墓地,東川口,安行,新郷,寺,法事,法要お寺,霊園,お墓
 
椅子の脇に寄贈していただいた年とご芳名が書いてありました。
 
 お寺には寄贈していただいた仏具や備品があり、境内には植木もあります。
そういったもので亡き人の面影を感じられるのは素敵だな、
と思いますし、代を超えてお寺を支えていただいている
ということを感じます。

2017.11.28
エッセイ 布施行(ふせぎょう)に学ぶ

エッセイ 布施行(ふせぎょう)に学ぶ

 

※数年前に当寺にて曹洞宗の布教師様が法話された時のお話です。

 

             

             禅宗のお坊さんから学ぶ

               ~布施行の世界を知る~

 

            ライフワーク研究家 中村 義

 

お釈迦さまは、多くのすばらしい教えを説かれている。

凡人は時には、こうした大先輩のことばをしっかりと拝聴する機会が必要である。

 禅宗のお寺のお坊さんから、直接に説法を聴くことができた。

 

今回のテーマは「布施行~誓願に生きる」というタイトルからして、

これは何だろう、どういうことかな、というのが、正直な感じであった。

 

布施というと、お寺にお金を差し出すこと、

たとえばお坊さんへのお礼などというイメージであるが、

決してそういうことではない、というのである。

 

布施には、財施(ざいせ)、法施(ほうせ)、無畏施(むいせ)があり、

それぞれ、金銭・財物などを施すこと、仏法を説いて人々を悟りに導くこと、

心の不安を取り除いてあげること、という意味である。

 

さらに、実践としての布施、無財(むざい)の七施(しちせ)には、次のようなことが含まれる

 

1.眼施(がんせ):やさしい眼差しを人にむけること

2.顔施(げんせ):にこにこと笑顔で人に接すること

3.言施(ごんせ):やさしい言葉を人にかけること

4.身施(しんせ):労をいとわず身体を使って人につくすこと

5.心施(しんせ):何事にも心を込めて人のためにつとめること

6.床座施(しょうざせ):座席を人にゆずること

7.房舎施(ぼうしゃせ):部屋で人を休ませてあげること

 

これらは、すべて人のために実践する行為であり、

日常生活の中で常に大切にしなければいけない7つの訓でもある。

今改めて反省をしなければならない。

そして「布施行」とは、「むさぼらない、見返りを求めない、

そして互いに生かしあう生き方をすることである」ということであると教えられた。

すなわち、人のためになる行ないが自分の喜びとなるような生き方をすることが、

誓願(せいがん)に生きる(幸せに到る道)というお釈迦さまの教えである。

 

曹洞宗,宝泉寺,埼玉県,川口市,鳩ヶ谷,草加市,墓地,東川口,安行,新郷,寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフワーク研究家 中村 義 の著作

文芸社刊

・こうして「総合環境共生型住まい」ができた
・輝いて、シニアライフ
・もっと輝いて、シニアライフ
・会いたかった人、司馬遼太郎
・ライフワークとしてのまちづくり
  ~市民参加型の社会をめざして~
・人生いろいろ~ライフワーク研究家のムダ話~
 

 

 

 

 

 

 


2017.11.18

 
こんにちは、住職です。
埼玉県,川口市,鳩ヶ谷,草加市,,墓地,東川口,鳩ケ谷,安行,新郷,寺お寺,霊園,お墓
 
宝泉寺は川口市の安行と新郷の間、「大竹(おおたけ)」にあります。

 

竹林があって竹がたくさん生えているかというとそうではなく、
実は大竹にはお寺の裏に少しあるくらいで、ほとんど竹はないです。 
「竹」というと凛としていて真直ぐで強いというイメージがありますが
竹が丈夫で強いのは節目があるからです。
 
 
節目というと年や年度を思い浮かべるかもしれませんが、
人生も節目節目をしっかりとすることで人生がより強固になるというか
しっかりとしたものになっていくのかなと思います。

 
それと同じことが亡くなった後の回忌法事にも当てはまるかと思います。
人が生まれてからお食い初め、七五三、成人式、
といった行事を経て一人前の大人になっていくように
亡くなった方もその後に一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、…三十三回忌と

しっかりとご供養をしていただけることで
その家の先祖代々の祖霊となっていただくというのが日本人の祖霊信仰です。

 
 
現代では先祖や「家(イエ)」というより「家族」という意識のほうが強いかと思いますが、

それでも家族や親戚が節目節目に集まるというのは

流れが早くせわしない現代では凄く大切な場になっていると思います。
しっかりと服装を整えて、本堂の凛とした空気の中で故人様のことを想いお焼香する、
忙しい毎日の生活の中でふと立ち止まって、今ある生活、今あるいのちについて考え、
感謝する時間と機会は必要だと思います。
 
法事をする意味があるのか?、
したから何が得られるの?
しないといけないの?
 
というように考える方もいるとは思いますが
 
意味はあります。
何かが得られると思ってするのは好ましくない
と思いますが、結果として得られるものはあると思います。
いけなくはないですが、規模は小さくともされた方が良いと思います。
 
法事や供養をすることで得られることはたくさんあると思っています。
そういった事を少しづつお話していこうと常々心がけています。

 

 


PAGE TOP